特許申請とは

電話する

自分で考えたアイデアを実現化したり、技術をして成果を残したりした場合、それらを特許申請することをおすすめします。特許申請することで得られるメリットや効果について紹介しています。

Read more »

福利厚生とは

スマホ

福利厚生とは、従業員の満足度を高め、仕事に精を出し、やる気を高める制度のことです。また、福利厚生代行サービスを行っている業者もあるので、手間を軽減させ自分の仕事を優先することもできます。

Read more »


倒産する確率

読書

倒産確率を出しておけば、倒産する前に対策を練ることができます。また、倒産確率が低ければ低いほど、取引先や営業先から高い信頼を獲得することができるため、非常に便利です。

Read more »

ボーナス

コールセンター

低コストで優秀な人材を集めたい企業や、社員のやる気を上げたいと考えている企業におすすめするのが、ストックオプションです。このページでは、ストックオプションのメリットや効果、詳しい詳細について紹介しています。

Read more »


ストレス

会社の書類

ストレスチェックという言葉を知っている人は少ないといえます。最近になってようやく実施されたこの制度は、社員のストレスやメンタルのチェックをするものです。うつ病や過労死、自殺などを回避するための制度です。

Read more »


注意点を理解しよう

勉強

正しい方法で行ってくれる給与計算代行はこちら。在籍している従業員の人数に応じて利用に必要な料金も算出してくれますよ。

ストレスチェックを実施しませんか?:ダイヤル・サービス

特許申請は、自分の発明の権利を守るために必要な手続きです。手続きが良くわからないからといって、申請を行なわずに商品販売を行なってしまうと、後に訴訟問題に発展する場合もあります。余計なトラブルに巻き込まれないように、特許申請の際の注意点を知っておきましょう。まず、特許申請をする前に注意したいのは、自分が申請しようとしている発明は、既に同じ内容で出願されていないかということです。仮に出願されていた場合、特許権は認められません。既に出願されている特許内容を知りたい方は、インターネット上で確認できますので、利用してみましょう。また、仮に特許権が日本で認められたとしても、海外でも同様に認められるとは限りません。理由は、日本の特許権は日本の法律の範囲内で認められた権利であり、海外では認められていない場合があるからです。そのため、海外で特許権を有効にするためには、その国で新たに特許申請をする必要があります。

特許権が認められるのは、発明の内容に新規性と進歩性がある場合です。新規性は、発明が、公然的に知られたものや、以前に刊行物などに記載された技術によるものではない場合に認められ、進歩性は、特許申請された発明が、過去の申請と類似した点があっても、そこから申請された技術を考案することは容易ではないと判断される場合に認められます。しかし、進歩性における容易という表現が曖昧であり、これが特許権の可否を判断する際の難しい点となっています。しかし、考え方によっては、既に類似した発明があっても、進歩性さえあれば、認められる場合があるということなので、多少の類似点が見つかった場合などは、あきらめずに申請してみてもよいでしょう。このように、特許申請の判断は素人では難しい場合もありますので、わからない場合は、特許申請のサポートをしてくれる弁理士などに相談してみましょう。